障害年金コム
障害年金の請求、障害年金不支給の不服申し立てのツボについて解説し、権利としての障害年金支給をサポートします。
障害年金の基礎
障害年金とは?
障害年金の支給額
障害年金のいろいろ
障害年金がもらえなくなる時
障害年金の請求と不服申立
障害年金をもらうのが難しいのは?
障害の程度は?
初めて診察を受けた日(初診日)は?
障害がはっきりした日(障害認定日)は?
障害年金 Q&A
サポート実績
無料メール相談
電話での無料相談
042-391-2115
無休 8:30〜20:00
相談、請求/不服申立 料金
事務所のご案内
プロフィール
Links

再生不良性貧血、溶血性貧血など難治性貧血で障害年金がもらえるのは?


Q:再生不良性貧血の障害認定基準を教えてください。
A:再生不良性貧血、溶血性貧血など難治性貧血群の認定基準は以下です。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------
〈血液・造血器疾患のうち難治性貧血群(再生不良性貧血、溶血性貧血等)の障害の認定基準〉

障害の程度
1級A表T欄に掲げるうち、いずれか1つ以上の所見があり、かつ、B表T欄に掲げる1から4までのうち、3つ以上に該当するもの(ただし、溶血性貧血の場合は、A表T欄に掲げるうち、いずれか1つ以上の所見があり、B表T欄の1に該当するもの)で、かつ、一般状態区分表のオに該当するもの
2級A表U欄に掲げるうち、いずれか1つ以上の所見があり、かつ、B表U欄に掲げる1から4までのうち、3つ以上に該当するもの(ただし、溶血性貧血の場合は、A表U欄に掲げるうち、いずれか1つ以上の所見があり、B表U欄の1に該当するもの)で、かつ、一般状態区分表のエ又はウに該当するもの
3級A表V欄に掲げるうち、いずれか1つ以上の所見があり、かつ、B表V欄に掲げる1から4までのうち、3つ以上に該当するもの(ただし、溶血性貧血の場合は、A表V欄に掲げるうち、いずれか1つ以上の所見があり、B表V欄の1に該当するもの)で、かつ、一般状態区分表のウ又はイに該当するもの

A表
区分臨床所見
T1 治療により貧血改善はやや認められるが、なお高度の貧血、出血傾向、易感染症を示すもの
2 輸血をひんぱんに必要とするもの
U1 治療により貧血改善はやや認められるが、なお中度の貧血、出血傾向、易感染症を示すもの
2 輸血を時々必要とするもの
V1 治療により貧血改善は少し認められるが、なお軽度の貧血、出血傾向、易感染症を示すもの
2 輸血を必要に応じて行うもの

B表
区分検査所見
T 1 末梢血液中の赤血球像で、次のいずれかに該当するもの
(1) ヘモグロビン濃度が7.0g/dl未満のもの
(2) 赤血球数が200万/μl未満のもの

2 末梢血液中の白血球像で、次のいずれかに該当するもの
(1) 白血球数が1,000/μl未満のもの
(2) 顆粒球数が500/μl未満のもの

3 末梢血液中の血小板数が2万/μl未満のもの

4 骨髄像で、次のいずれかに該当するもの
(1) 有核細胞が2万/μl未満のもの
(2) 巨核球数が15/μl未満のもの
(3) リンパ球が60%以上のもの
(4) 赤芽球が5%未満のもの
U1 末梢血液中の赤血球像で、次のいずれかに該当するもの
(1) ヘモグロビン濃度が7.0g/dl以上9.0g/dl未満のもの
(2) 赤血球数が200万/μl以上300万/μl未満のもの

2 末梢血液中の白血球像で、次のいずれかに該当するもの
(1) 白血球数が1,000/μl以上2,000/μl未満のもの
(2) 顆粒球数が500/μl以上1,000/μl未満のもの

3 末梢血液中の血小板数が2万/μl以上5万/μl未満のもの

4 骨髄像で、次のいずれかに該当するもの
(1) 有核細胞が2万/μl以上5万/μl未満のもの
(2) 巨核球数が15/μl以上30/μl未満のもの
(3) リンパ球が40%以上60%未満のもの
(4) 赤芽球が5%以上10%未満のもの
V1 末梢血液中の赤血球像で、次のいずれかに該当するもの
(1) ヘモグロビン濃度が9.0g/dl以上10.0g/dl未満のもの
(2) 赤血球数が300万/μl以上350万/μl未満のもの

2 末梢血液中の白血球像で、次のいずれかに該当するもの
(1) 白血球数が2,000/μl以上4,000/μl未満のもの
(2) 顆粒球数が1,000/μl以上2,000/μl未満のもの

3 末梢血液中の血小板数が5万/μl以上10万/μl未満のもの

4 骨髄像で、次のいずれかに該当するもの
(1) 有核細胞が5万/μl以上10万/μl未満のもの
(2) 巨核球数が30/μl以上50/μl未満のもの
(3) リンパ球が20%以上40%未満のもの
(4) 赤芽球が10%以上15%未満のもの

一般状態区分表
無症状で社会活動ができ、制限を受けることなく、発病前と同等にふるまえるもの
軽度の症状があり、肉体労働は制限を受けるが、歩行、軽労働や座業はできるもの  例えば、軽い家事、事務など
歩行や身のまわりのことはできるが、時に少し介助が必要なこともあり、軽労働はできないが、日中の50%以上は起居しているもの
身のまわりのある程度のことはできるが、しばしば介助が必要で、日中の50%以上は就床しており、自力では屋外への外出等がほぼ不可能となったもの
身のまわりのこともできず、常に介助を必要とし、終日就床を強いられ、活動の範囲がおおむねベッド周辺に限られるもの
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  検査成績は、その性質上変動しやすいものであるので、血液・造血器疾患による障害の程度の判定に当たっては、最も適切に病状をあらわしていると思われる検査成績に基づいて行うものとする。

 急性転化では、その発症の頻度、寛解に至るまでの経過を参考にして認定する。

 血液・造血器疾患は、一般検査、特殊検査の検査成績等を参考とし、認定時の具体的な日常生活状況等を把握して、総合的に認定する。

※当事務所では、障害年金請求フルサポートをご依頼いただいた場合には、医師に診 断書を書いてもらうようお願いする際にご本人に同行して、専門家として診断書につ いての説明を医師に対して行っています。


Web www.shogai-nenkin.com

安部敬太社会保険労務士事務所
社会保険労務士 安部敬太
安部敬太
東京都東村山市

障害年金コム